相続には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
手続きは、しようと思えば基本的にすべて自分で行なうことができます。その場合に必要なのは、役所などに必ず支払わなければならない実費だけです。

不動産や預貯金などの名義を書き換えるためには、登録免許税(不動産の固定資産評価額の0.4%)、登記事項証明書(不動産1件につき1000円)、固定資産税評価証明書(1通100~300円)、戸籍謄本(1通450円)、 除籍謄本(1通750円)、住民票(1通100~300円)、印鑑登録証明書(1通300円)などが必要です。1通だけでよいものもあれば、人数分必要なものもあります。
そのほか、金融機関で残高証明書をとる場合は1通300~800円ほどかかります。
あとは、法務局へ出向いて手続きをした場合は往復の交通費、郵送で申請する場合は切手代が必要です。

ただし、役所や銀行などは平日に手続きをしなければならないことが多いため、実際に自分ひとりで行なうのは難しい、司法書士や行政書士、税理士などの専門家に依頼するという場合は手数料や報酬がかかります。
一般的な目安としては、不動産の名義書換え代行は3~10万円、戸籍収集の代行は2~5万円です。
また、遺産分割の話し合いがスムーズに進まず、弁護士に依頼する事態となれば、弁護士費用(場合によっては裁判費用)がかかります。個々の事情によって異なりますが、数十万円からとなるでしょう。