信託銀行は、銀行業務と信託業務の両方を営む銀行です。信託とは、委託者が契約や遺言で、受託者に金銭や土地などの財産を名義ごと移転して、受託者が、委託者の設定した目的に従い指定した人のために、財産の管理や処分などを行うことでする。銀行が提供する信託サービスは、次のようなものです。
個人投資家から集めた資金を、専門家が有価証券や不動産などで運用し、その成果を投資家に分配するのが「投資信託」で、銀行では投資信託財産の管理を行います。
「遺言信託」では、遺言書作成に関する相談、遺言書の保管、財産に関する遺言の執行を行います。また、遺産整理業務を行います。
年金制度の設計から年金資産の管理・運用、加入者や受給者の管理、給付金支払いなど「年金に関する総合サービス」や、株式発行会社の株主名簿管理人として「証券代行業務」も行います。
勤労者財産形成促進制度に基づいて、財産形成信託、財産形成年金信託、財産形成住宅信託などを取り扱います。
金銭債権や特定の資産を企業から分離して、これを原資とする金融商品を組成して、投資家への投資機会を提供し、企業には資金調達や財務体質改善のサポートをします。
不動産の仲介や分譲、管理、鑑定評価などの不動産業務も行います。