亡くなられた方から遺産を受け継ぐ場合などに発生する相続税ですが、これを役所に納めるためには納税額だけでなく納税の手続きの為に必要な書類を用意する費用も掛かります。税理士や司法書士などのプロにまとめて税務申告を依頼する場合には、役所に支払う費用も含めた料金を支払うことになります。プロに依頼せずにご自身で納税することを考える方は、内訳まで知っておいた方が良いかもしれません。まず、なんらかの不動産を受け継ぐ場合には登録免許税が必要です。登録免許税は固定資産評価額の0.4%ですので、例えば1000万円の土地を受け継ぐときには4万円を納税します。次に450円の戸籍謄本と亡くなられた方の名前が記載された750円の除籍謄本と住民票も必要です。住民票の値段は地域によって様々ですが1通100円から300円であることが多いようです。また、遺産を受け継ぐことになる方の印鑑登録証明書も全員分揃えておく必要があります。これも100円から300円で発行してもらえます。プロに依頼して納税を代行してもらう場合、掛かる費用の相場は数十万円とされています。必要書類を全て揃えるだけであれば十万円も掛かりません。時間が許すのであれば、ご自身で納税される方がお安く済ませることができると言えます。