遺産相続を行う場合には、一般的に法的な規則により配分されるものです。遺言書などがある場合にはこの内容に従い、もし無い場合には法的な分配基準に従い親族に分配されます。
現代では、遺産の殆どは厳禁の場合、銀行口座に預けられている場合が多いのですが、この銀行口座は、基本的に名義人本人のみが使用できるものであるため、その本人が亡くなった場合には銀行は、本人が亡くなったことを知った時点で預貯金の口座の凍結を行います。
これは銀行側としては本人以外の人が預貯金を操作することを防ぐための当然の措置ですが、遺産の相続をする側としてはたとえ親族であってもお金を引き出すことができなくなってしまうため、名義変更を行い、預貯金を引き出せるようにすることが必要になります。
名義変更を行うためには、遺産分割協議書と相続人全員の印鑑証明書、相続人全員名義の払戻依頼書、亡くなった方の除籍謄本、相続人の戸籍謄本などの証明書類が全て必要になります。特に遺産分割協議書は非常に重要で、どの人にいくらの遺産が相続されているかの証明となりますので、金融機関はこの協議書に従い、新たな名義に変更し預金を分配することになります。
しかし、このような場合には本人の申告ではなかなか金融機関は受け付けてくれないことが多いものです。通常、この手続きについては弁護士に委託することが多く、弁護士ではその費用が発生します。この費用は銀行の手数料ではなく、上記の種々の書類を取り揃え、銀行に提出するための費用です。